日経225先物とは、一体どのようなものなのでしょうか? 日経225先物を理解するためには、まず先物取引の意味を知らないといけません。 先物取引とは、事前にある商品の値段・数量を決めて、将来の決められた日に取引をするというものです。 つまり、将来、そのある商品の価値が上がれば得をして、下がれば損をするということになります。 そして、ある商品のところが日経225の場合に、日経225先物と呼ばれるわけです。 日経225を買って、日経平均株価指数が将来の決められた日に上がっていれば得をしますし、下がっていれば損をします。 日経225の中に含まれている225銘柄は日本を代表する企業ばかりですから、普通の株式投資とは違って特定の企業に投資をするのではなく、日本の株式市場全体に投資を行っていると思ってください。 また、日経225先物は大きなレバレッジが掛けることができるため、手持ちの金額よりも多く投資することができます。 日経225先物の場合、証拠金は1000分の1あれば手持ちよりも多く投資できるので、レバレッジが1000倍となるのも魅力です。